top of page

インボイスに備え価格見直し

当店は「税込999円」とか「税込1,790円」のように最後に「9」が付く商品が多いです。

普通、端数価格設定では「8」が付く店が多いです。

「998円」とか「1,780円」とか。

なぜ当店では「9」にするかというと、「998円」ではお釣り2円、「999円」ではお釣り1円と、釣銭が半分で済むからです。釣銭集めもなかなか大変なんです。

じゃあ「1,000円」にすればいいじゃないかと突っ込まれそうですが、端数価格設定の目的は「大台割れ」で、心理的に「1,000円」より「998円」の方がかなり安く感じるためです。

ところが今年の10月から始まるインボイスのせいで価格の付け方を見直さなければなりません。




インボイス制度では税抜価格と消費税をハッキリ区別しなければならないため、請求書はこのようになります。

999円の商品は税抜「908.181818・・・円」、割り切れないんです。

端数を切って「908円」にし、例えば5個購入されると合計「4,994円」になります。

でも単純計算では「999円x5個=4,995円」なので1円の誤差が出ます。

この例では1円安くなったので文句言われないでしょうが、逆に高くなることもあります。

そのため新しく入荷した商品は端数が出ない価格設定に見直しています。

例えば「990円」にすれば「税抜900円、消費税90円」とスッキリします。

今後は「3,000円ポッキリ!」とかも考え直さなければなりません。



Σχόλια


bottom of page