ノートパソコンのキーボードを拭いているときとか、ぶつかってしまったとかでキートップが剥がれてしまったというトラブルは良くあります。

その状態のまま持ってきてくれればまだ直せるんですけど、結構多いのが無理やり押し込んで付けようとして爪を折って取り返しのつかない状態になって持ってくるパターンです。

キートップの下にパンタグラフ(写真で手に持っている黒い2個のパーツ)があり、これを一度バラして組み直す必要があります。

つまりただ押し込むだけじゃダメです。

構造をきちんと理解している経験者がやらないと、組み直し中に壊してしまうので本当に何もせず持ってきてください。

この修理依頼は結構あるので、壊れて交換したキーボードとかを捨てないでため込んでいます。

今回は運よく全く同じキーボードがあったので、そのパンタグラフを移植して完了です。

スペアパーツがなかったとしても、パンタグラフやキートップの爪折れの場合、まだ成功率100%ではありませんが企業秘密の技で直せることもあります。


ちなみにパンタグラフとは電車の上に付いているこれです。

形が似ていますよね🙂