top of page

パンタグラフ補修

ノートパソコンのキーが取れたという修理品が多いです。

例えば奇麗にしようと拭いたときにひっかけて取れてしまったり・・・

そのまますぐ持ってきてくれれば簡単に直せるんですけど、はめようとして押し込むとこの部品(パンタグラフ)のツメが折れて修理不能になります。

パンタグラフのみが手に入らない場合はキーボード丸ごと交換になります。

今回も無理矢理押し込んだそうで真ん中のツメが折れていました。

当店はプラスチックを溶かしたりエポキシを使ったりで、プラスチック加工技術は日に日に上がってきていますが、それでもこのツメは無理です。

そこで編み出したのがこの写真の修理方法。

右が正常なパンタグラフ、左はツメが折れて回転できなくなったパンタグラフ。

削って糸で縛って回転できるようにしました。



で、先にパソコン側に組み立てて、そのあとでキートップをはめ込みます。

とりあえずこの技を思いついたときに手元にあった糸を使いましたが、次回以降のために細い針金を買って置く予定です。



bottom of page